助動詞 must have to need 使い方

助動詞「must」「have to」「need」
You must get up early.

 

助動詞 must have to need 使い方

「助動詞」とは

助動詞」は名前通り、動詞を助ける役割を持っています。動詞だけで完璧に意味を表現できなかったり、話し手が表現したい気持ちや意思、判断をさらに明確にできなかったりする時に、助動詞を使うことで、話し手の気持ちをはっきり表すことができる。

主な助動詞には、「can」「could」「may」「might」「must」「will」「would」「shall」「should」「need」などがあります。

助動詞 must have to need

「must」「have to」
must」は「義務」「禁止」あるいは「強い推量」という意味を持ち、もう一つ同じ意味を持つ語は「have to」。この二つは同じ意味を持ち、言い換えることもできますが、「must」は「話し手」の主観の意志による命令に対して、「have to」は客観的な状況で判断していうことが多いです。

 
義務/必要性「~しなければならない」

◉ You must go now.

(君は今行かなきゃいけない。)

◉ You have to go now.

(君は今行かなきゃいけない。)

◉ You need to go now.

(君は今行かなきゃいけない。)

ポイント:以上三つの例文は意味が同じように見えるのですが、「must」の場合は、もしかしたら「話し手」が「聞き手」に対して、何の理由もなく、単なる「君の顔が見たくないから、どっかに行ってくれ!」という「主観的」な意志によるニュアンスが含まれています。それに対して、「have to」は「ここはもう爆発するかもしれないから、君は今早く行かなきゃいけない」という「客観的」な理由によるニュアンスがあります。「need to」は程度的に前二者より弱い。そこで下記の「否定文」を見てください。

◉ You must not go now.

(君は今行ってはいけない。)

◉ You don’t have to go now.

(君は今行かなくてもいいよ。)

◉ You don’t need to go now.

(君は今行必要がない。)

ポイント:否定文を見れば意味が違うのが一目瞭然です。ですので、「must」=「have to」という印象を改めなければならないですね。
「don’t need to」は「行っても、行かなくても別に大丈夫」という意味があります。

 
例文

◉ I must tell her the secret about his mother.

(私は彼女に彼の母親に関する秘密を教えなきゃいけない。)

◉ Tom have to finish his report by Friday next week.

(トムは来週の金曜日までにレポートを完成しなければならない。)

 

過去、未来、完了の表現:

must」は「現在」の時制しかないので、「過去」「未来」「完了」の表現をする時に「have to」を使います。

◉ You had to join the audition, you might have become a star.(過去)

(君はそのオーディションに参加するべきだった、もしかしたらスターになれたかもしれない。)

◉ You will have to get up early tomorrow to take the flight to Japan.(未来)

(君は明日東京行きの飛行機に乗るため早起きしなければならない)

◉ I have had to stay in this hotel for three days.(完了)

(僕はこのホテルに三日間ずっといなければならない。)

 

疑問文「Must I~?」の答え方

Must I go there?

(そこに行かなければならないのか?)

◉ Yes, you must.

(そうです、行かなければならない。)

◉ No, you don’t have to / No, you don’t need to/No, you needn’t.

(いいえ、その必要はない。)

ポイント:肯定の回答文は「Yes, you must.」で問題はないですが、否定の場合で「you must not」と答えてしまいますと、「そこに行ってはならない」という強制的な禁止になってしまいます、ここで、「you don’t have to」や「don’t need to」や「needn’t」を使い、「その必要はありませんよ」と言い方はよく使われます。

 

Msutで「強い推測」:

英語で「きっと~に違いない」という強い推測に「Must」と使います。

◉ You must be Tony. right?

(あなたはきっとトニーでしょう?)

ポイント:ここの「must」は強い根拠を持って判断するときに、「きっと~に違いない」という場面で使います。

 

関連投稿

JLPT【N2 文法】 「〜にしろ」の使い方

JLPT【N2 文法】 「〜にしろ」の使い方

JLPT N2 文法 にしろ 使い方 〜にしろ 「だとしても」   意味 ◉ 「〜だとしても」「〜にせよ」「〜にしても」 ◉ 「前項」はどうであっても,「後項」は「前項」によって変わることはない。   文型 ◉ 名詞+にしろ ◉ 動詞連体形+にしろ ◉ 形容詞連体形+にしろ   関連文型 ◉ 〜にしても ◉ 〜だとしても ◉ 〜にせよ JLPT N2 文法 にしろ 使い方 例文 ① いくらケガが良(よ)くなったにしろ、まだ体(からだ)を動(うご)かしちゃだめ! ②...

JLPT【N2 文法】 「〜きり/っきり」の使い方

JLPT【N2 文法】 「〜きり/っきり」の使い方

JLPT N2 文法 きり 使い方 〜きり/っきり 「〜をしてからそのまま持続する」   意味 ◉ 「〜をしてからそのまま持続する」「~だけ」「ずっと〜の状態」 ◉ 動詞の後ろに付ける場合,「た型」を使い,文尾に否定形を用いると「何をしてからずっとそのまま変わってない」という意味になります。「きり」或いは「っきり」両方使ってもいいです。 ◉ 文尾の否定形を省略する場合があります、「きり」を言えば、「ずっとそのまま」という意味が分かります。 ◉...

JLPT【N1 文法】 「〜切りがない」の使い方

JLPT【N1 文法】 「〜切りがない」の使い方

JLPT N1 文法 切りがない 使い方 〜切(き)りがない 「終わりがない」   意味 ◉ 「終わりがない」「限度がない」 ◉ あることをやり出すといつまでも続くようなことになるという意味を表す。 ◉ ここの「切(き)り」の意味は「限度」や「終点」です。一般的に「キリがない」とも書く。   文型 ◉ ~たら+切りがない ◉ ~ば+切りがない ◉ ~と+切りがない   関連文型 ◉ 〜終わらない。 JLPT N1 文法 切りがない 使い方 例文 ①...

JLPT【N1 文法】 「〜まくる」の意味と使い方

JLPT【N1 文法】 「〜まくる」の意味と使い方

JLPT N1 文法 まくる 使い方 〜まくる 「ずっと同じことを何回も繰り返す様」   意味 ◉ 「ずっと同じことを何回も繰り返す様」 ◉ 「~て〜て〜まくる」の形で同じことを激しく繰り返す様子を表す。例:食べて食べて食べまくる。   文型 ◉ 動詞ます形+まくる   関連文型 ◉ ずっと〜をしている。 JLPT N1 文法 まくる 使い方 例文 ① ダイエットのために、毎日(まいにち)筋(きん)トレしまくってたのに、体重(たいじゅう)はちっとも減(へ)っていません。 ②...

JLPT【N5 文法】 「〜てください」の使い方

JLPT【N5 文法】 「〜てください」の使い方

JLPT N5 文法 てください 使い方 〜てください 「相手に対する指示、命令、依頼を表す語」   意味 ◉ 「相手に対する指示、命令、依頼を表す語」 ◉ 「てください」は丁寧な言い方に見えるかもしれませんが、使う相手や場合によって失礼になる場合もあります。 ◉ 目上の人に対して依頼の時に「お/ご〜ください」や「〜て頂けませんか?」はよく使われます。   文型 ◉ 動詞て形+ください ◉ 動詞(否定)ないで+ください   関連文型 ◉ お〜ください ◉ 〜てほしい JLPT N5 文法 てください...

JLPT【N4 文法】 「〜てほしい」の使い方

JLPT【N4 文法】 「〜てほしい」の使い方

JLPT N4 文法 てほしい 使い方 〜てほしい 「〜を希望する」   意味 ◉ 「何かにこうなるように希望する」「誰かにどうするように希望する」 ◉ 誰か、何かに対しての願望やお願いなどを表す。   文型 ◉ 動詞て形+ほしい ◉ 名詞+であって+ほしい   関連文型 ◉ 〜がしたい ◉ 〜が欲しい ◉ 〜てください JLPT N4 文法 てほしい 使い方 例文 ① もう1週間(いっしゅうかん)も雨続(あめつづ)きで、明日(あした)晴(は)れてほしいなあ。 ②...

JLPT【N4文法】 「〜とか〜とか」の使い方

JLPT【N4文法】 「〜とか〜とか」の使い方

JLPT N4 文法 とか 使い方 〜とか〜とか 「~や~など」   意味 ◉ 「~や~など」 ◉ たくさんの例の中から二、三個を上げる。 ◉ 少しカジュアルの言い方なので、目上の人に使わない方がいいです。   文型 ◉ 名詞+とか.. ◉ 動詞辞書形+とか.. ◉ い形容詞+とか.. ◉ な形容詞語幹+とか..   関連文型 ◉ ~やら~やら JLPT N4 文法 とか 使い方 例文 ①...

JLPT【N2文法】 「〜やら〜やら」の使い方

JLPT【N2文法】 「〜やら〜やら」の使い方

JLPT N2 文法 やら 使い方 〜やら〜やら 「〜とか〜など」   意味 ◉ 「〜とか〜など」「〜や〜など」 ◉ たくさんの例の中から二つを上げる。 ◉ ネガティブのことによく使われます。   文型 ◉ 名詞+やら.. ◉ 動詞辞書形+やら.. ◉ 形容詞終止形+やら..   関連文型 ◉ どうやら ◉ 〜とか〜とか JLPT N2 文法 やら 使い方 例文 ①...

JLPT【N2文法】 「〜をきっかけに/がきっかけで」の使い方

JLPT【N2文法】 「〜をきっかけに/がきっかけで」の使い方

JLPT N2 文法 をきっかけに がきっかけで 使い方 〜をきっかけに/がきっかけで 「〜を契機に..」   意味 ◉ 「〜を契機に..」 ◉ 「AをきっかけにB」或いは「AがきっかけでB」というのはBが起きたのは,Aが原因になったから。   文型 ◉ 名詞+をきっかけに/がきっかけで ◉ 動詞+のをきっかけに/のがきっかけで ◉ 動詞+ことをきっかけに/ことがきっかけで その他の使い方: ◉ 名詞+をきっかけにして/をきっかけとして/がきっかけになって ◉...

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です