助動詞 will be going to 使い方

助動詞「will」「be going to」
I will buy you a drink.

 

助動詞 will be going to

「助動詞」とは

助動詞」は名前通り、動詞を助ける役割を持っています。動詞だけで完璧に意味を表現できなかったり、話し手が表現したい気持ちや意思、判断をさらに明確にできなかったりする時に、助動詞を使うことで、話し手の気持ちをはっきり表すことができる。

主な助動詞には、「can」「could」「may」「might」「must」「will」「would」「shall」「should」「need」などがあります。

助動詞 will be going to 使い方

「will」は「未来」という意味だけではない
「will」=「未来」というのは恐らくまだたくさんの人がそういう印象を持っていると思いますが、実は「will」には「未来時制」以外にも「現在時制」にも使えます。

時制 用法 意味
未来時制 単純未来(推量) 〜するだろう
意志未来 俺はこうするんだ!
依頼(will you~?) 〜してくれませんか?
現在時制 習慣 〜するものだ
習性 よく〜をするものだ

 
「will」の単純未来

ポイント:「will」で「単純の未来」を表現するのは「今決まったばかりの未来」や「まだ決まってない未来」を表しています。

 
例文

◉ I will go to the party tonight.(今決めたこと)

(私は今晩パーティに行くわ。)

◉ Maybe She will go to Tokyo next week.(決まってないこと)

(来週彼女は東京に行くかも。)

◉ I hope it will be sunny tomorrow.(希望)

(明日は晴れて欲しいです。)

◉ He will come with us tomorrow.(予測)

(明日彼は僕たちと一緒に行くでしょう。)

 
「will」の意志未来

ポイント:「will」の主な機能は「気持ち」や「意志」を表すことなので、第一人称の場合、「僕がやるんだ」「僕がやるつもりだ」という強い気持ちが含まれている。

 

例文

◉ I will be a doctor in the future.

(僕は将来医者になるんだ。)

◉ I will help you.

(あなたを助けてあげるよ。)

◉ I will cook you dinner.

(僕がディナーを作ってあげるよ。)

 
「will you~?」で依頼する

ポイント:他人に頼む時や依頼するときに「will you~」を使っていいます。「would you~?」の方がもっと「丁寧」に聞こえます。

 

例文

Will you marry me?

(僕と結婚してくれますか?)

Will you buy me a drink?

(一杯おごってくれる?)

Will you come with us tomorrow?

(明日僕たちと一緒に来てくれるか?)

Would you please wait here for a second?

(ここにちょっと待ってて頂けますか?)

 
「will」での「習慣」「習性」

ポイント:「will」も「習慣」や「習性」を表すことに使えます。この場合は「現在形」になります。

 

例文

◉ The snakes will peel.

(蛇は脱皮する。)

◉ The bears will hibernate.

(熊は冬眠する。)

◉ I will wake up in 3 o’clock everyday.

(僕は毎日三時に起きる。)

◉ He will go to play tennis every Sunday.

(彼は毎週日曜日テニスをやる。)

 
「be going to」は「助動詞」ではない

ポイント:英語を勉強し始めてから、「will」=「be going to」というのはずっと頭の中に定着してるかもしれませんが、厳密にいいますと、「will」≠「be going to」。何故なら、2つとも「未来のこと」を表す時に使うかもしれませんが、「be going to」は文字通り、「目標」があって、そこに向かって「進行している」ことなので、「確実の予定」に向かって実行するということに対して、「will」は名詞の時の意味通り「意志」が含まれています。下記の例文で比べて見ましょう。

 

例文

◉ We will get married next week.(⇨来週結婚することを報告するだけ)

(僕たちは来週結婚するんだ!)

◉ We are going to get married next week.(⇨着実に結婚に向かって実行している。)

(僕たちは来週結婚する予定です。)

◉ I will study tonight.(⇨今決めた)

(僕は今夜勉強する。)

◉ I am going to study tonight.(⇨前から予定してる)

(僕は今夜勉強する。)

◉ I will be a doctor.(⇨小さい時の夢かも)

(僕は医者になるんだ。)

◉ I am going to be a doctor.(⇨もう医学大を卒業して、これから医者になる)

(僕はこれから医者になります。)

 

関連投稿

JLPT【N2 文法】 「〜にしろ」の使い方

JLPT【N2 文法】 「〜にしろ」の使い方

JLPT N2 文法 にしろ 使い方 〜にしろ 「だとしても」   意味 ◉ 「〜だとしても」「〜にせよ」「〜にしても」 ◉ 「前項」はどうであっても,「後項」は「前項」によって変わることはない。   文型 ◉ 名詞+にしろ ◉ 動詞連体形+にしろ ◉ 形容詞連体形+にしろ   関連文型 ◉ 〜にしても ◉ 〜だとしても ◉ 〜にせよ JLPT N2 文法 にしろ 使い方 例文 ① いくらケガが良(よ)くなったにしろ、まだ体(からだ)を動(うご)かしちゃだめ! ②...

JLPT【N2 文法】 「〜きり/っきり」の使い方

JLPT【N2 文法】 「〜きり/っきり」の使い方

JLPT N2 文法 きり 使い方 〜きり/っきり 「〜をしてからそのまま持続する」   意味 ◉ 「〜をしてからそのまま持続する」「~だけ」「ずっと〜の状態」 ◉ 動詞の後ろに付ける場合,「た型」を使い,文尾に否定形を用いると「何をしてからずっとそのまま変わってない」という意味になります。「きり」或いは「っきり」両方使ってもいいです。 ◉ 文尾の否定形を省略する場合があります、「きり」を言えば、「ずっとそのまま」という意味が分かります。 ◉...

JLPT【N1 文法】 「〜切りがない」の使い方

JLPT【N1 文法】 「〜切りがない」の使い方

JLPT N1 文法 切りがない 使い方 〜切(き)りがない 「終わりがない」   意味 ◉ 「終わりがない」「限度がない」 ◉ あることをやり出すといつまでも続くようなことになるという意味を表す。 ◉ ここの「切(き)り」の意味は「限度」や「終点」です。一般的に「キリがない」とも書く。   文型 ◉ ~たら+切りがない ◉ ~ば+切りがない ◉ ~と+切りがない   関連文型 ◉ 〜終わらない。 JLPT N1 文法 切りがない 使い方 例文 ①...

JLPT【N1 文法】 「〜まくる」の意味と使い方

JLPT【N1 文法】 「〜まくる」の意味と使い方

JLPT N1 文法 まくる 使い方 〜まくる 「ずっと同じことを何回も繰り返す様」   意味 ◉ 「ずっと同じことを何回も繰り返す様」 ◉ 「~て〜て〜まくる」の形で同じことを激しく繰り返す様子を表す。例:食べて食べて食べまくる。   文型 ◉ 動詞ます形+まくる   関連文型 ◉ ずっと〜をしている。 JLPT N1 文法 まくる 使い方 例文 ① ダイエットのために、毎日(まいにち)筋(きん)トレしまくってたのに、体重(たいじゅう)はちっとも減(へ)っていません。 ②...

JLPT【N5 文法】 「〜てください」の使い方

JLPT【N5 文法】 「〜てください」の使い方

JLPT N5 文法 てください 使い方 〜てください 「相手に対する指示、命令、依頼を表す語」   意味 ◉ 「相手に対する指示、命令、依頼を表す語」 ◉ 「てください」は丁寧な言い方に見えるかもしれませんが、使う相手や場合によって失礼になる場合もあります。 ◉ 目上の人に対して依頼の時に「お/ご〜ください」や「〜て頂けませんか?」はよく使われます。   文型 ◉ 動詞て形+ください ◉ 動詞(否定)ないで+ください   関連文型 ◉ お〜ください ◉ 〜てほしい JLPT N5 文法 てください...

JLPT【N4 文法】 「〜てほしい」の使い方

JLPT【N4 文法】 「〜てほしい」の使い方

JLPT N4 文法 てほしい 使い方 〜てほしい 「〜を希望する」   意味 ◉ 「何かにこうなるように希望する」「誰かにどうするように希望する」 ◉ 誰か、何かに対しての願望やお願いなどを表す。   文型 ◉ 動詞て形+ほしい ◉ 名詞+であって+ほしい   関連文型 ◉ 〜がしたい ◉ 〜が欲しい ◉ 〜てください JLPT N4 文法 てほしい 使い方 例文 ① もう1週間(いっしゅうかん)も雨続(あめつづ)きで、明日(あした)晴(は)れてほしいなあ。 ②...

JLPT【N4文法】 「〜とか〜とか」の使い方

JLPT【N4文法】 「〜とか〜とか」の使い方

JLPT N4 文法 とか 使い方 〜とか〜とか 「~や~など」   意味 ◉ 「~や~など」 ◉ たくさんの例の中から二、三個を上げる。 ◉ 少しカジュアルの言い方なので、目上の人に使わない方がいいです。   文型 ◉ 名詞+とか.. ◉ 動詞辞書形+とか.. ◉ い形容詞+とか.. ◉ な形容詞語幹+とか..   関連文型 ◉ ~やら~やら JLPT N4 文法 とか 使い方 例文 ①...

JLPT【N2文法】 「〜やら〜やら」の使い方

JLPT【N2文法】 「〜やら〜やら」の使い方

JLPT N2 文法 やら 使い方 〜やら〜やら 「〜とか〜など」   意味 ◉ 「〜とか〜など」「〜や〜など」 ◉ たくさんの例の中から二つを上げる。 ◉ ネガティブのことによく使われます。   文型 ◉ 名詞+やら.. ◉ 動詞辞書形+やら.. ◉ 形容詞終止形+やら..   関連文型 ◉ どうやら ◉ 〜とか〜とか JLPT N2 文法 やら 使い方 例文 ①...

JLPT【N2文法】 「〜をきっかけに/がきっかけで」の使い方

JLPT【N2文法】 「〜をきっかけに/がきっかけで」の使い方

JLPT N2 文法 をきっかけに がきっかけで 使い方 〜をきっかけに/がきっかけで 「〜を契機に..」   意味 ◉ 「〜を契機に..」 ◉ 「AをきっかけにB」或いは「AがきっかけでB」というのはBが起きたのは,Aが原因になったから。   文型 ◉ 名詞+をきっかけに/がきっかけで ◉ 動詞+のをきっかけに/のがきっかけで ◉ 動詞+ことをきっかけに/ことがきっかけで その他の使い方: ◉ 名詞+をきっかけにして/をきっかけとして/がきっかけになって ◉...

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です