動詞 時制 完了進行形

英語動詞の時制ー「完了進行形」
Tony has been playing baseball for 5 years.

 

英語の12時制とその意味
(浅いブルーはよく使う8時制)

 

動詞 時制 完了進行形

「完了進行形」が表す意味
完了進行形は時制によって「現在完了進行形」「過去完了進行形」「未来完了進行形」に分かれています。

 

現在完了進行形は「have/has+been+Ving
過去完了進行形は「had+been+Ving
未来完了進行形は「will have+been+Ving

  

完了進行形」は、「完了形」と「進行形」が合体した形で、同時に「完了」と「進行」の機能を持っています。「完了進行形」の基本的な機能は「ある期間中」に「動作の持続」を表すことにあります。

 

「現在完了進行形」と「現在完了形」が表す「持続」

 

◉ Tony has been playing baseball for 5 years.

(トニーは野球をもう5年間やっています。)

現在完了進行形」と「現在完了形」は両者とも「持続」を表す表現ですが、一般的に「現在完了進行形」は「動作動詞」の場合に使い、「現在完了形」は「状態動詞」の場合に使います。

状態動詞とは

状態動詞」とは、主に「感情」「感覚」「所有」などを表す動詞になります、やめようと思ってすぐやめられる「動作」とは違い、ある「状態」になってるという動詞なので、「状態動詞」といいます。たとえば「be動詞」は「状態動詞」の一つです。

例えば、「like(好き)」はいつも簡単に「好きだ⇔好きじゃない」という動作をすぐに繰り返しができない。基本的に状態動詞は「進行形にはできない

基本的な状態動詞
be動詞 である、いる
like 好く
love 愛する
hate 嫌う
live 住む
want 欲する
need 要る
hope 望む
wish 望む
know 知る
remember 覚える
believe 信じる
understand 了解する
seem 見える
sound ~に聞こえる
look ~に見える
taste ~の味がする
belong ~に属する
own 所有する
have 持ってる
exist 存在する

 
動作動詞とは

動作動詞」とは、すぐに発動したり、やめたりできて、繰り返しができる動詞になります。例えば、「eat(食べる)」「drink(飲む)」「write(書く)」「do(する)」など。

 
例文

状態動詞の継続表現

◉ I have liked her for 5 years.

(僕は彼女を5年間も好きだった。)

 

◉ He has wanted the PS4 for a long time.

(彼は長い時間ずっとPS4が欲しいと思っている。)

 

動作動詞の継続表現

◉ I have been studying English for 5 years.

(僕は5年間も英語を勉強し続けている。)

 

◉ She has been talking about her boyfriend for 30 mins.

(彼女は彼の話を30分もし続けている。)

 

 

「過去完了進行形」と「過去完了形」が表す「持続」

 

◉ He had been running for 20 mins before he fainted out.

(彼が気を失った時にすでに20分走っていた。)

動詞 時制 過去完了形

過去完了進行形」と「過去完了形」が「継続」を表現する時に「ずっと〜Vていた」という意味になりますが、大きな違いというのは「過去完了進行形」は「動作動詞」を使うことに対して、「過去完了形」は「状態動詞」を使うことになっています。過去のある時点までずっと動作をしていたことを表す。

 
例文

状態動詞の継続表現

◉ I had liked her for 5 years when I got married with her.

(僕は彼女と結婚するまで、5年間も彼女のことが好きだった。)

 

◉ He had wanted the PS4 for a long time when his mother bought him one.

(彼のお母さんがPS4を買ってあげたまで、彼はずっとPS4が欲しいと思っていた。)

 

動作動詞の継続表現

◉ I had been studying English for 5 years before I entered the college.

(僕は大学に入る前に5年間も英語を勉強し続けていた。)

 

◉ When I got in, she had been talking about her boyfriend for 30 mins.

(私が入った時に彼女はもう彼の話を30分もし続ていた。)

 

「未来完了進行形」と「未来完了形」が表す「持続」

 

◉ I will have been waiting for 3 hours by 5 o’clock.

(5時になったら、僕は3時間待ってることになる。)

動詞 時制 未来完了形

未来完了進行形」と「未来完了形」が「継続」を表現する時の大きな違いというのは「未来完了進行形」は「動作動詞」を使うことに対して、「未来完了形」は「状態動詞」を使うことになっています。過去のある時点までずっと動作をしていたことを表す。

 
例文

状態動詞の継続表現

◉ I will have been a teacher for 10 years next year.

(来年私は先生になって10年になる。)

 

◉ They will have lived together for 2 years next month.

(来月、彼らは同棲して二年になる。)

 

動作動詞の継続表現

◉ He will have been waiting for more than 3 hours when the train arrives.

(電車が到着する時に、彼はもう三時間以上待ってることになる。)

 

◉ She will have been talking for 1 hours when you arrives here.

(君がここに着く時に、彼女は一時間も喋ってることになる。)

 

関連投稿

JLPT【N2 文法】 「〜にしろ」の使い方

JLPT【N2 文法】 「〜にしろ」の使い方

JLPT N2 文法 にしろ 使い方 〜にしろ 「だとしても」   意味 ◉ 「〜だとしても」「〜にせよ」「〜にしても」 ◉ 「前項」はどうであっても,「後項」は「前項」によって変わることはない。   文型 ◉ 名詞+にしろ ◉ 動詞連体形+にしろ ◉ 形容詞連体形+にしろ   関連文型 ◉ 〜にしても ◉ 〜だとしても ◉ 〜にせよ JLPT N2 文法 にしろ 使い方 例文 ① いくらケガが良(よ)くなったにしろ、まだ体(からだ)を動(うご)かしちゃだめ! ②...

JLPT【N2 文法】 「〜きり/っきり」の使い方

JLPT【N2 文法】 「〜きり/っきり」の使い方

JLPT N2 文法 きり 使い方 〜きり/っきり 「〜をしてからそのまま持続する」   意味 ◉ 「〜をしてからそのまま持続する」「~だけ」「ずっと〜の状態」 ◉ 動詞の後ろに付ける場合,「た型」を使い,文尾に否定形を用いると「何をしてからずっとそのまま変わってない」という意味になります。「きり」或いは「っきり」両方使ってもいいです。 ◉ 文尾の否定形を省略する場合があります、「きり」を言えば、「ずっとそのまま」という意味が分かります。 ◉...

JLPT【N1 文法】 「〜切りがない」の使い方

JLPT【N1 文法】 「〜切りがない」の使い方

JLPT N1 文法 切りがない 使い方 〜切(き)りがない 「終わりがない」   意味 ◉ 「終わりがない」「限度がない」 ◉ あることをやり出すといつまでも続くようなことになるという意味を表す。 ◉ ここの「切(き)り」の意味は「限度」や「終点」です。一般的に「キリがない」とも書く。   文型 ◉ ~たら+切りがない ◉ ~ば+切りがない ◉ ~と+切りがない   関連文型 ◉ 〜終わらない。 JLPT N1 文法 切りがない 使い方 例文 ①...

JLPT【N1 文法】 「〜まくる」の意味と使い方

JLPT【N1 文法】 「〜まくる」の意味と使い方

JLPT N1 文法 まくる 使い方 〜まくる 「ずっと同じことを何回も繰り返す様」   意味 ◉ 「ずっと同じことを何回も繰り返す様」 ◉ 「~て〜て〜まくる」の形で同じことを激しく繰り返す様子を表す。例:食べて食べて食べまくる。   文型 ◉ 動詞ます形+まくる   関連文型 ◉ ずっと〜をしている。 JLPT N1 文法 まくる 使い方 例文 ① ダイエットのために、毎日(まいにち)筋(きん)トレしまくってたのに、体重(たいじゅう)はちっとも減(へ)っていません。 ②...

JLPT【N5 文法】 「〜てください」の使い方

JLPT【N5 文法】 「〜てください」の使い方

JLPT N5 文法 てください 使い方 〜てください 「相手に対する指示、命令、依頼を表す語」   意味 ◉ 「相手に対する指示、命令、依頼を表す語」 ◉ 「てください」は丁寧な言い方に見えるかもしれませんが、使う相手や場合によって失礼になる場合もあります。 ◉ 目上の人に対して依頼の時に「お/ご〜ください」や「〜て頂けませんか?」はよく使われます。   文型 ◉ 動詞て形+ください ◉ 動詞(否定)ないで+ください   関連文型 ◉ お〜ください ◉ 〜てほしい JLPT N5 文法 てください...

JLPT【N4 文法】 「〜てほしい」の使い方

JLPT【N4 文法】 「〜てほしい」の使い方

JLPT N4 文法 てほしい 使い方 〜てほしい 「〜を希望する」   意味 ◉ 「何かにこうなるように希望する」「誰かにどうするように希望する」 ◉ 誰か、何かに対しての願望やお願いなどを表す。   文型 ◉ 動詞て形+ほしい ◉ 名詞+であって+ほしい   関連文型 ◉ 〜がしたい ◉ 〜が欲しい ◉ 〜てください JLPT N4 文法 てほしい 使い方 例文 ① もう1週間(いっしゅうかん)も雨続(あめつづ)きで、明日(あした)晴(は)れてほしいなあ。 ②...

JLPT【N4文法】 「〜とか〜とか」の使い方

JLPT【N4文法】 「〜とか〜とか」の使い方

JLPT N4 文法 とか 使い方 〜とか〜とか 「~や~など」   意味 ◉ 「~や~など」 ◉ たくさんの例の中から二、三個を上げる。 ◉ 少しカジュアルの言い方なので、目上の人に使わない方がいいです。   文型 ◉ 名詞+とか.. ◉ 動詞辞書形+とか.. ◉ い形容詞+とか.. ◉ な形容詞語幹+とか..   関連文型 ◉ ~やら~やら JLPT N4 文法 とか 使い方 例文 ①...

JLPT【N2文法】 「〜やら〜やら」の使い方

JLPT【N2文法】 「〜やら〜やら」の使い方

JLPT N2 文法 やら 使い方 〜やら〜やら 「〜とか〜など」   意味 ◉ 「〜とか〜など」「〜や〜など」 ◉ たくさんの例の中から二つを上げる。 ◉ ネガティブのことによく使われます。   文型 ◉ 名詞+やら.. ◉ 動詞辞書形+やら.. ◉ 形容詞終止形+やら..   関連文型 ◉ どうやら ◉ 〜とか〜とか JLPT N2 文法 やら 使い方 例文 ①...

JLPT【N2文法】 「〜をきっかけに/がきっかけで」の使い方

JLPT【N2文法】 「〜をきっかけに/がきっかけで」の使い方

JLPT N2 文法 をきっかけに がきっかけで 使い方 〜をきっかけに/がきっかけで 「〜を契機に..」   意味 ◉ 「〜を契機に..」 ◉ 「AをきっかけにB」或いは「AがきっかけでB」というのはBが起きたのは,Aが原因になったから。   文型 ◉ 名詞+をきっかけに/がきっかけで ◉ 動詞+のをきっかけに/のがきっかけで ◉ 動詞+ことをきっかけに/ことがきっかけで その他の使い方: ◉ 名詞+をきっかけにして/をきっかけとして/がきっかけになって ◉...

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です