動詞 時制 過去完了形

英語動詞の時制ー「過去完了形」
Tony had finished his research before his teacher told him to do it.

 

英語の12時制とその意味
(浅いブルーはよく使う8時制)

 

動詞 時制 過去完了形

「過去完了形」が表す意味
過去完了形は「had+過去分詞」という形で「過去のある時点から、過去のある時点までの動作が完了しているかどうか」を表す。日本語では「〜していた。」という表現に当たります。

 

◉ Tony had finished his research before his teacher told him to do it.

(先生がトニーにリサーチをしろという前に、彼はもう完成させていた。)

過去完了形」は、「過去」のある時点から見て、さらに「過去」の動作に対しての「結果」や「継続」、「経験」の表現なので、「過去形」の「had」を用いる。

 

完了した「結果」

 

◉ When Jully came home, I had cleaned the kitchen.

(ジュリーが家に帰ってきた時に、僕はすでにキッチンを掃除し終わっていた。)

 

上記の例を見て、「ジュリーが家に帰ってきた」という「過去」の時点において、完了した動作を表す時に「過去完了形」を使います。この時に「when~」「while~」を使って、その「発生時点」を表します。

 
例文

◉ I had already paid the money when Chris wanted to stop me to buy it.

(クリスが僕をそれを買うのを止めようとする時に、僕はすでにお金を払っていた。)

 

◉ We didn’t watch the movie because we had not booked tickets in advance.

(僕たちはチケットを先に予約しなかったから、映画は見れなかった。)

 

継続「ずっと〜していた」

 

◉ When I knew her, she had been married for 5 years.

(私が彼女を知った時に、彼女はもう五年間結婚していた。)

過去完了形の「継続」の表現は、過去のある時点を基準にして、その状態はすでに「ある期間」続いている。ここで使う動詞は「状態動詞」を使います。上例で説明しますと、過去の「彼女を知った」という時点まで、すでに「五年間」を結婚していたということを表している。今はどうなのかは分かりませんが、「あの時点まで」は「まだ結婚している」というのはポイントです。

 
例文

◉ I had lived in Tokyo for 3 years when I bought my first house.

(僕は初めて家を買った時に、僕はもう東京に三年間住んでいた。)

 

◉ Betty has been sick for 2 weeks when she went to see a doctor.

(ベティは医者を見に行った時にもう二週間も病気になっていた。)

 

経験「〜したことがあった。」

 

◉ My mom bought me an iphone yesterday, I had never had any smartphone before.

(母が昨日iphoneを買ってくれた、その前は全然スマートフォンを持ったことはなかった。)

「過去」のある時点より以前に「経験」がないことを表すので、「現在」はもう経験済みという意味もあります。昨日母がiphoneを買ってくれた時点までは、全くスマートフォンという物を持ったことがなかった。

 
例文

◉ Tom had been to Korea 5 times before he studied abroad in Korea.

(トムは韓国に留学する前に韓国に五回も行ったことがあった。)

 

Had you heard of this restaurant before I took you there?

(僕があのレストランに連れて行く前に、聞いたことがありましたか?)

 

 

過去完了進行形「ずっと〜をしていた。」

 

◉ He had been running for 20 mins before he fainted out.

(彼が気を失った時にすでに20分走っていた。)

動詞 時制 過去完了形

過去完了進行形」と「過去完了形」が「継続」を表現する時に「ずっと〜Vていた」という意味になりますが、大きな違いというのは「過去完了進行形」は「動作動詞」を使うことに対して、「過去完了形」は「状態動詞」を使うことになっています。過去のある時点までずっと動作をしていたことを表す。

 
例文

状態動詞

◉ I had liked her for 5 years when I got married with her.

(僕は彼女と結婚するまで、5年間も彼女のことが好きだった。)

 

◉ He had wanted the PS4 for a long time when his mother bought him one.

(彼のお母さんがPS4を買ってあげたまで、彼はずっとPS4が欲しいと思っていた。)

 

動作動詞

◉ I had been studying English for 5 years before I entered the college.

(僕は大学に入る前に5年間も英語を勉強し続けていた。)

 

◉ When I got in, she had been talking about her boyfriend for 30 mins.

(私が入った時に彼女はもう彼の話を30分もし続ていた。)

 

関連投稿

JLPT【N2 文法】 「〜にしろ」の使い方

JLPT【N2 文法】 「〜にしろ」の使い方

JLPT N2 文法 にしろ 使い方 〜にしろ 「だとしても」   意味 ◉ 「〜だとしても」「〜にせよ」「〜にしても」 ◉ 「前項」はどうであっても,「後項」は「前項」によって変わることはない。   文型 ◉ 名詞+にしろ ◉ 動詞連体形+にしろ ◉ 形容詞連体形+にしろ   関連文型 ◉ 〜にしても ◉ 〜だとしても ◉ 〜にせよ JLPT N2 文法 にしろ 使い方 例文 ① いくらケガが良(よ)くなったにしろ、まだ体(からだ)を動(うご)かしちゃだめ! ②...

JLPT【N2 文法】 「〜きり/っきり」の使い方

JLPT【N2 文法】 「〜きり/っきり」の使い方

JLPT N2 文法 きり 使い方 〜きり/っきり 「〜をしてからそのまま持続する」   意味 ◉ 「〜をしてからそのまま持続する」「~だけ」「ずっと〜の状態」 ◉ 動詞の後ろに付ける場合,「た型」を使い,文尾に否定形を用いると「何をしてからずっとそのまま変わってない」という意味になります。「きり」或いは「っきり」両方使ってもいいです。 ◉ 文尾の否定形を省略する場合があります、「きり」を言えば、「ずっとそのまま」という意味が分かります。 ◉...

JLPT【N1 文法】 「〜切りがない」の使い方

JLPT【N1 文法】 「〜切りがない」の使い方

JLPT N1 文法 切りがない 使い方 〜切(き)りがない 「終わりがない」   意味 ◉ 「終わりがない」「限度がない」 ◉ あることをやり出すといつまでも続くようなことになるという意味を表す。 ◉ ここの「切(き)り」の意味は「限度」や「終点」です。一般的に「キリがない」とも書く。   文型 ◉ ~たら+切りがない ◉ ~ば+切りがない ◉ ~と+切りがない   関連文型 ◉ 〜終わらない。 JLPT N1 文法 切りがない 使い方 例文 ①...

JLPT【N1 文法】 「〜まくる」の意味と使い方

JLPT【N1 文法】 「〜まくる」の意味と使い方

JLPT N1 文法 まくる 使い方 〜まくる 「ずっと同じことを何回も繰り返す様」   意味 ◉ 「ずっと同じことを何回も繰り返す様」 ◉ 「~て〜て〜まくる」の形で同じことを激しく繰り返す様子を表す。例:食べて食べて食べまくる。   文型 ◉ 動詞ます形+まくる   関連文型 ◉ ずっと〜をしている。 JLPT N1 文法 まくる 使い方 例文 ① ダイエットのために、毎日(まいにち)筋(きん)トレしまくってたのに、体重(たいじゅう)はちっとも減(へ)っていません。 ②...

JLPT【N5 文法】 「〜てください」の使い方

JLPT【N5 文法】 「〜てください」の使い方

JLPT N5 文法 てください 使い方 〜てください 「相手に対する指示、命令、依頼を表す語」   意味 ◉ 「相手に対する指示、命令、依頼を表す語」 ◉ 「てください」は丁寧な言い方に見えるかもしれませんが、使う相手や場合によって失礼になる場合もあります。 ◉ 目上の人に対して依頼の時に「お/ご〜ください」や「〜て頂けませんか?」はよく使われます。   文型 ◉ 動詞て形+ください ◉ 動詞(否定)ないで+ください   関連文型 ◉ お〜ください ◉ 〜てほしい JLPT N5 文法 てください...

JLPT【N4 文法】 「〜てほしい」の使い方

JLPT【N4 文法】 「〜てほしい」の使い方

JLPT N4 文法 てほしい 使い方 〜てほしい 「〜を希望する」   意味 ◉ 「何かにこうなるように希望する」「誰かにどうするように希望する」 ◉ 誰か、何かに対しての願望やお願いなどを表す。   文型 ◉ 動詞て形+ほしい ◉ 名詞+であって+ほしい   関連文型 ◉ 〜がしたい ◉ 〜が欲しい ◉ 〜てください JLPT N4 文法 てほしい 使い方 例文 ① もう1週間(いっしゅうかん)も雨続(あめつづ)きで、明日(あした)晴(は)れてほしいなあ。 ②...

JLPT【N4文法】 「〜とか〜とか」の使い方

JLPT【N4文法】 「〜とか〜とか」の使い方

JLPT N4 文法 とか 使い方 〜とか〜とか 「~や~など」   意味 ◉ 「~や~など」 ◉ たくさんの例の中から二、三個を上げる。 ◉ 少しカジュアルの言い方なので、目上の人に使わない方がいいです。   文型 ◉ 名詞+とか.. ◉ 動詞辞書形+とか.. ◉ い形容詞+とか.. ◉ な形容詞語幹+とか..   関連文型 ◉ ~やら~やら JLPT N4 文法 とか 使い方 例文 ①...

JLPT【N2文法】 「〜やら〜やら」の使い方

JLPT【N2文法】 「〜やら〜やら」の使い方

JLPT N2 文法 やら 使い方 〜やら〜やら 「〜とか〜など」   意味 ◉ 「〜とか〜など」「〜や〜など」 ◉ たくさんの例の中から二つを上げる。 ◉ ネガティブのことによく使われます。   文型 ◉ 名詞+やら.. ◉ 動詞辞書形+やら.. ◉ 形容詞終止形+やら..   関連文型 ◉ どうやら ◉ 〜とか〜とか JLPT N2 文法 やら 使い方 例文 ①...

JLPT【N2文法】 「〜をきっかけに/がきっかけで」の使い方

JLPT【N2文法】 「〜をきっかけに/がきっかけで」の使い方

JLPT N2 文法 をきっかけに がきっかけで 使い方 〜をきっかけに/がきっかけで 「〜を契機に..」   意味 ◉ 「〜を契機に..」 ◉ 「AをきっかけにB」或いは「AがきっかけでB」というのはBが起きたのは,Aが原因になったから。   文型 ◉ 名詞+をきっかけに/がきっかけで ◉ 動詞+のをきっかけに/のがきっかけで ◉ 動詞+ことをきっかけに/ことがきっかけで その他の使い方: ◉ 名詞+をきっかけにして/をきっかけとして/がきっかけになって ◉...

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です