【 Onomatopoeia 】 「アタフタ ・ あたふた 」atahuta

Onomatopoeia アタフタ あたふた atahuta meaningonomatopoeia

Onomatopoeia アタフタ あたふた atahuta meaning

アタフタ ・ あたふた
「in a hurry」

 

アタフタ [1]

◉「in a hurry」.
◉「hurriedly」
◉「in feverish haste」.

Onomatopoeia アタフタ あたふた atahuta meaning

Example Sentences
試験しけんときにペンをわすれたことに気付きづき、アタフタする。
Shiken no toki ni pen o wasureta koto ni kidzuki, atafuta suru.
I noticed that I forgot my pen during the exam, I was in a hurry.

② バスにわなそうになって、アタフタいえをでた。
Basu ni maniawana-sō ni natte, atafuta to ie o deta.
The bus time was running out, and he hurriedly left the house.

しずかな図書館としょかんにいるとき携帯けいたいってアタフタした。
Shizukana toshokan ni iru toki, keitai ga natte atafuta shita.
When I was in the quiet library, my mobile phone rang, and I panicked.

④ スマホがウイルスに感染かんせんしたようでアタフタする。
Sumaho ga uirusu ni kansen shita yō de atafuta suru.
My smartphone seems to get a virus, and I

(Visited 316 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました